category_chara_img_11
[02/15(木)更新] 最新話「クーリアとシャゼル」更新

天城へ向かう途中で足止めされたクーリアは、面倒そうにシャゼルの攻撃を受け流していた。
「いい加減、大人しくアタシにやられなさいよぉ!」
「どうして私が貴方の気持ち悪いお願いを聞いて差し上げなければいけないのかしら」
「キィィッ! 本当に気に食わない子ね。なんでアンタがアタシのモルムちゃんと契約なんて……っ」
ハンカチを咬みながら、シャゼルはクーリアの契約龍に向けて愛を叫ぶ。
「アタシのモルムちゃん! 今その女を倒して貴方を自由にしてあげるわ! そしたらまた一緒にお風呂に入って綺麗で可愛いモルムちゃんになりましょうね!」
『ヒィィィィ! 嫌ダヨ、クー様! アノ人怖イヨ!』
顔を出し泣きすがるモルムを鬱陶しげに払いのけながら、クーリアはシャゼルへと向き直る。
「別にこの龍がどうなろうと私の知った事ではないのだけれど……。私、これでも御使いの途中で貴方と遊んでいる暇はありませんの。だからさっさと地べたに伏して頂きたいですわね」
妖しげな瞳がスッと細められ、クーリアの背に強大な龍手と翼が生える。
「上等よ!」
シャゼルも箱庭の召喚扉を開錠し、多くの葉龍を喚び出した。
二人の強大な力が今にもぶつかろうとしたその時。

『やーっと話のできそうな人を見つけたよ!!』

空の彼方から現れた一匹の龍と少女が、二人の間に突撃した。
スポンサードリンク